掘りたてサツマイモは甘くない!?~さつま芋の歴史から、甘~いさつま芋になる為の保存方法をご紹介!~

甘くて美味しいサツマイモ、お好きな方も多くいらっしゃると思います。

芋ほり体験等されて、せっかくだから新鮮なうちに食べよう!!って思って、いざ食べてみたら「あれ?あんまり美味しくない・・・」なんて経験された方も多いんじゃないでしょうか?

甘いサツマイモを食べる食べる為にはちょっとした一工夫が必要!

そんな保存方法から、さつま芋の歴史、美味しく簡単なスイーツレシピ等をご紹介します!!

さつま芋はどこからやってきた???

さつま芋は、16世紀ごろ、中国から琉球王国(現代の沖縄県)~長州薩摩(現代の鹿児島県)にきました。

九州では、唐芋(カライモ・中国=唐の国から来た芋だから)とか言われてます。

因みに、さつま芋は、紀元前3000年ごろのアメリカの熱帯地方のメキシコあたりで生産されはじめたと言われています。

世界中に種類はなんと4000種類くらいあり、日本では鹿児島県が一番多く生産しています。

さつま芋の美味しい見分け方

ここで、美味しくて甘いさつま芋の見分け方をご紹介しましょう!

  • 皮にはりがあるもの
  • 色が濃くて、均一で艶もあるもの
  • 持った時に ずっしり重く、真ん中が太くて両端が細いもの

また、両端に黒いシミがあるのは、蜜が多くて甘いです!

(実から蜜が染み出してるんですね)

どんな栄養があるの???

さつま芋はビタミンCとカルシウムがたっぷりあります

それと、セルロースって言う食物繊維が豊富!

便秘の方に良いですよね!

また、カリウムって言う、体の中の塩分(ナトリウム)を排出する成分もあるので、塩を沢山とる人にはおいどんとは相性が良いですね!

必見!!さつま芋の保存方法!!

よく、皆さんが勘違いしてるのは、新鮮なら何でも旨いと思ってませんか?

たしかに、他の野菜はそうかもしれません。

ですがさつま芋は違います!!

以前、筆者が保育園調理師をしていた頃に、

サツマ芋農家さんから教わったお話しをご紹介しましょう!

掘りたてのさつま芋は、なかみはほぼ澱粉です。

でも、これが10~14度の風通しの良い冷暗所で1~2週間位保存されると、

澱粉が糖に変わって甘くなるのです!!

お店に売ってある、甘いさつま芋の秘訣は、まさにこれ!

そして、使う前まで水で洗うのも厳禁ですよ

なぜなら、水をすって保存が効かなくなってしまうからです。

なので、良い保存方法としては、新聞紙なんかにくるんで、あんまり寒くないところで保存して欲下さい!

西郷どんも、さつま芋で育った!?

鹿児島と言ったら西郷どんですよね!(^^)/

そもそも、薩摩も奄美大島も、火山灰がたっぷり降り注ぐ地域だから、稲作には向かない土地です。

そこでさつま芋が生命線!なんですね!!

さつま芋はやせた土地でも育つんです!!

薩摩時代の西郷どんも、奄美大島へ流刑になった時も、さつま芋は無くてはならない、大切な食料だったそうです。

そして時は過ぎ・・・晩年の西郷どんは、偉くなって、デスクワークばっかりしてたそうで・・・。

太って太って、とうとうドクターストップがかかったそうです・・・。

それで、医者から『犬飼って散歩しなさい!』って怒られたそうです。(;’∀’)

あの上野の西郷どんの犬は、ダイエットのパートナー!!って話です・・・。( ;∀;)

さつま芋の簡単美味しいレシピをご紹介!!

さつま芋のレシピって言ったら、やっぱりスイートポテトとか、ポテトフライとか、さつま芋ごはんにさつま芋サラダ・・・

定番はやっぱり石焼き芋や蒸かし芋,大学芋等だけど、筆者がイタリアンレストランに勤めていた時に教わった料理もなかなかイケるので、最後にご紹介しますね!

サツマイモのメープルかけ、シナモン風味

≪材料≫

サツマイモ

メープルシロップ

シナモン

バター

≪作り方≫

サツマイモは一口大に切って蒸し(素揚げでも良いです)、

触感良揚がったところで皿にもり、メープルシロップとシナモン、バターを絡める。

さつま芋は非常にメイプルシロップと相性が良いです!!

以上!あと筆者はレーズンとかも加えます。

なかなか美味しいですよ~!

是非、甘くておいしいさつま芋を、これからも食べて、元気に過ごして下さい!

さつま芋 まとめ

今日はサツマ芋について、色々とお伝えしました。

まとめと行きましょう!

さつま芋は、16世紀ごろに中国からやってきた。
カリウムやカルシウムが豊富で、食物繊維もたっぷりある!
掘りたては甘くない為、あまり寒くない所に新聞紙にくるんで1~2週間保存しよう!
メイプルシロップととても相性抜群!!
甘くておいしいさつま芋を是非、楽しんで下さい!!(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする